体験エステの申込と事務員

体験エステの申込をするためには、インターネットや電話を通してサロンに申し込みをします。事務担当の方はお客様とスタッフの間に立ってスケジュール調整をしなければなりません。

どうしても希望の日に予約が詰まっていて無理な場合はその旨連絡しなければなりませんが、受付は「エステサロンの顔」と言える仕事なので、接客次第でお客様を獲得できるかどうかが変わります。お客様は「これからサロンに通いたいけどどこにしようかな。」という気持ちで体験を申し込む事が多く、最初から「絶対にこのお店と契約します。

」という人は少ないです。だからこそ「しつこい勧誘をせずにお客様を獲得するためにはどうしたら良いか」という点は重要で、満足がいかなければ別のお店にお客様を取られる事になります。

電話応対をきちんとしたり、スタッフとの連絡を密にしてお客様に満足していただけるようにするのが事務の仕事です。また、サロン内の清潔も大切で隅々まで丁寧に掃除をする事で、店の印象は良くなります。都会になればなるほどライバル会社は増えてお客様の争奪戦は行なわれています。

自分の会社は何が強みであるかを考えて勧誘にならない程度にお店の特徴を説明する事が大切になります。